応募フォームはこちら応募フォームはこちら
Contest 01

Mobility 
for ALL

移動の可能性を、すべての人に。
現在のステータス
  1. 6
    ※終了
    アイデア×
    ソリューション応募
  2. 6~7
    ※終了
    一次選考
  3. 7~8
    ※終了
    追加ソリューション
    メンバー募集
  4. 7~10
    ※終了
    アイデア×
    ソリューション実現準備
  5. 10~11
    ※終了
    最終選考・表彰

Concept
コンセプト

Concept
コンセプト

誰もが自由に移動し、
自分らしくいられる
世界を目指して。

誰もが自由に行きたいところに行き、
自分らしく人生を楽しむことができるように。
トヨタ・モビリティ基金は移動の可能性を広げる
新たな取り組みを応援します。
大切にしたいのは、徹底した当事者の視点。
移動に制限がある方、困難を感じている方とともに、
多様なバックグラウンドを持つ者同士で集まり
知恵を出し合って、解決策を創っていきましょう。

障がいのある方が、
心からレースを楽しむためには?

第一弾として、障がいのある方が、レース観戦を楽しむための課題やハードルを乗り越えるための
アイデア・ソリューションを募集。
一次選考を通過した案は実現に向けて、
2022年10月に岡山国際サーキットで開かれるレースにて、
実証実験を行う予定です。また障がいのある方の視点に立ち、
「移動」における困難を体感していただくために、
トライアルジャーニーを参加者全員にオンラインで実施します。

Team up Project
進行中プロジェクト

1. 外出時の不安を解決する。視覚障がい者ナビプロジェクト

視覚障がい者が集まって外出する際の不安要素である「現地まで迷わず行けるか」、「現地で楽しめるか」といった課題の解決を目指す。当事者同士の待ち合わせのための機能や施設内ナビで不安を解消し、「行ってみよう」、「楽しかった」を実現する。

2. 「移動したい」を実現。空間認知を解決する五感IoT

誰もがサーキットの魅力を感じられるようにするため、視空間認知障害の方でも五感を用いて移動が可能となる移動自立支援デバイス・サービスを開発する。

3. 遠隔アクセシブルレース観戦プロジェクト「Boooom!」

実物大映像投影でのレース会場再現や遠隔操作できるカメラ・ドローンを使用して、多様な方が遠隔でそれぞれ見たい視点からレースを観られる、快適で楽しい体験を提供する。

4. 訪問看護師の移動支援で、慢性的な看護師の人材不足問題を解決

稼働していないデイサービス等の車両を活用し、訪問看護師と在宅療養者の乗合い移動支援の実証を実施する。訪問看護業界に特化した新たな移動支援モデルを構築し作業コストを削減する。更に脱炭素な環境にも配慮したモデルの構築を目指す。

5. クロスライン- ボクらは違いと旅をする

多種多様な障がい当事者がeスポーツでコミュニティを形成し、レース場の旅を満喫する。ゲームで学んだレースを生観戦して感じる違い、様々な障がい当事者と交流して感じる違い、旅の後で気づく過去の自分との違い、そんな「違い」を楽しむ旅を共創する。

6. 視覚障がい者歩行支援アプリ[Eye Navi]でサーキット訪問支援

視覚障がい者歩行支援アプリ『Eye Navi』を使い、サーキット内施設までの歩行支援に挑戦する。人や物にぶつからないように注意喚起するとともに、メインスタンドやトイレ、レストラン等の施設情報を音声で伝えることで歩行支援をする。

7. 体感しよう、レーサーの興奮を。レーシングシミュレーター

車いすユーザーが本格的なレーシングシミュレーターを楽しめるシステムを開発し、「観るだけ」から「やってみる」へとレースの楽しみ方を広げる。実証当日は元F3レーサーの長屋宏和氏を含む、2名の肢体不自由者によるデモンストレーションを実施予定。

8. 独自の音響技術で、音と光と振動が連動する「共感グッズ for ALL」

音と光と振動が連動するグッズ(Tシャツなど)上で音楽に合わせてデジタル花火が上がったり、グッズが音に合わせて振動したりすることで、障がい当事者だけではなく、参加者全員の共感を創出する。

9. Voice Watch -見る観戦から、聴く観戦へ-

走行データと中継映像からレースの実況音声をリアルタイム生成するAIを開発し、視覚障がい者が現地でのレース観戦を耳で楽しめる「音声観戦体験」の実現に挑戦する。スポーツ観戦のバリアフリー化で、誰もがスポーツを楽しめる社会を目指す。

10. メタバースで会場に潜むハンディを探し出せ!

メタバース上に現実のレース場のコピーを作り出し、そこへAI技術を適用することで会場に潜むハンディを見つけ出す。さらに、VR技術を用いてメタバース空間上にアクセスすることで、当事者の「初めて行く不安」を取り除いていく。

11. モータースポーツの音を振動と光に変換して提供するシステム

モーターレーシングの現場の“音”情報を聴覚障害のある方などにお届けするために、サーキットの音をリアルタイムに振動と光に変換して提供するデバイスを導入する。加えて、車載マイクでの収録音を振動と光で届けるシステムのコンセプト検証を行う。

12. スーパーフォーミュラー搭載の人工自我の研究

東京大学での「量子コンピュータ・量子ゲート」特許の基本原理を使い、人工自我をレーシングカーに搭載する。レーシングカーの感情を可視化し、障がいのある方を起点としたレースの新体験の創出に挑戦する。

13. 情報から誰一人取り残されないモータースポーツ観戦を目指す

30年にわたりろう者と手話放送を制作してきた岡山放送が目指す、情報のバリアフリーに向けて①即時性②双方向③体感の3点から情報格差を解消し、障がいの有無に関わらず楽しめる環境を実現する。

14. 長期療養中のこども達に遠隔地レース観戦を楽しんでもらう

福岡市立こども病院とレース会場とトヨタ自動車九州の工場見学用スタジオの3か所を繋ぎ、臨場感溢れるツアーを企画する。アバターロボやカメラの映像をこども病院の会場のスクリーンに投影する試みを実施する。

15. バリアフリー・トレーラーハウスの開発

燃焼式トイレや水循環システム、空調機を導入したオフグリッド型トレーラーハウスを、レースを観戦される障がい者向け専用トイレとして車椅子仕様で開発する。様々な環境へと運ぶことができるよう牽引免許不要で自走できる仕様を目指す。

Process
選考プロセス

選考を通過し進行中のプロジェクトに対して
追加ソリューションを提供するメンバーの募集を開始。

6月に公募を実施したアイデア×ソリューションの選考が終了。
10月の岡山国際サーキットでの実証実験に向けて進行中のプロジェクトを支援する追加ソリューションを持ったメンバーを募集します。
  1. 6
    アイデア×
    ソリューション応募
    一般公募

    今年度はオンライン(本webページ内リンクより動画視聴)にて応募前に、さまざまな障がいのある方が実際にレース会場を訪れる場面の追体験「トライアルジャーニー」を実施いただき、その上で、障がいのある方と同じ視点でのアイデア×ソリューション創出を目指していただきます。
    これまでのご自身の持つご経験・技術や問題意識から、多様な方がレース観戦を、レース会場に行くまでの旅を、快適に楽しむのための新たなアイデアをご提案ください。
    実際にレース会場を訪れるトライアルジャーニー動画
  2. 6~7
    一次選考
    事務局実施

    ご提案いただいたアイデア×ソリューションの中から、下記観点より総合的に判断し、事務局にて10月に向けた実証活動を目指した次のフェーズに進んでいただくものを選定します。
    (10程度のアイデア×ソリューションの一次選考通過を想定しております。)
    ・当事者視点 ...................
    障がいのある方を含め、当事者視点に立っている
    ・提案の革新性 ................
    革新的な技術や課題解決の提案が含まれる
    ・マイルストーン設定 ........
    10月の岡山国際サーキットのレースに向けて何らかマイルストーンを置ける
    (実証実験やベータ版プロダクトの発表、イベント実施等)
  3. 7~8
    追加ソリューション
    メンバー応募
    一般公募

    一次選考を通過したアイデア×ソリューションの実現を加速させるための技術・ソリューションを持つパートナー
    (個人・法人)を募集します。
  4. 7~10
    アイデア×ソリューション
    実現準備

    アイデアを提案した人・チームと追加ソリューションメンバー(適宜)とともにアイデア実装に向けた準備に入ります。
    選定されたソリューションについては、10月の岡山国際サーキットのレースを実証の場としていただくことを想定しています。(実証実験やベータ版プロダクトの提供等も含みます)
  5. 10~11
    最終選考・表彰

    最終選考を通じて、下記観点より総合的に判断し、優秀チームを表彰します。
    ・社会的インパクト ...........
    社会的に大きなインパクト・波及効果をもたらす
    ・持続可能性 ....................
    継続的に実現可能な取り組みである

Judge / Tie-up
審査員 / タイアップ

審査員 / タイアップについては近日公開予定となります。

審査員

Coming Soon...
審査員については近日公開予定です

タイアップ

Coming Soon...
タイアップについては近日公開予定です

Award
アワード

一次選考を通過された場合、チーム毎に検討したアイデアを実現するために10月に開催される岡山国際サーキットのレースまでの期間で活動する資金(活動資金)を見積もって頂きます。
最終選考を通過された場合、更なる活動のために必要な資金が授与されます。

Information
応募要項

  • 実施期間

    コンテスト開催期間
    2022年6月〜11月
    アイデア×ソリューション募集期間 -終了-
    2022/6/1〜2022/6/17(〜23:59)
    追加ソリューションメンバー募集期間
    2022/7/19〜2022/8/31(〜23:59)
  • 対象活動

    高齢者や妊娠中の方、外国人、障がいのある方など多様な人がレースやレース会場に行くまでの旅を快適に楽しむためのアイデアを提案し、実現するための活動
  • 対象者

    当コンテストのコンセプトに共感し、問題意識を共有可能な方
    当領域における課題解決、新たな提案を行う一員として活動可能な方
  • 応募資格

    ・個人
    ・法人(地方公共団体、NPO等の市民団体、民間企業、各種法人)
    ※法人の場合、代表者1名設定
  • 選考基準

    それぞれ以下の観点を踏まえて、総合的に判断します。
    アイデア×ソリューション賞(一次選考)
    ・当事者視点 ...................
    障がいのある方を含め、当事者視点に立っている
    ・提案の革新性 ................
    革新的な技術や課題解決の提案が含まれる
    ・マイルストーン設定 ........
    10月15日・16日に岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久レースに向けて何らかマイルストーンを置ける
    (実証実験やベータ版プロダクトの発表、イベント実施等)
    追加ソリューションメンバー応募
    ・当事者視点 ...................
    障がいのある方を含め、当事者視点に立っている
    ・提案の革新性 ................
    革新的な技術や課題解決の提案が含まれる
    ・チームワーク .................
    10月15日・16日に岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久レースでの実証実験に向けて既にプロジェクトを実施しているチームと協業することができる
    最終選考
    ・社会的インパクト ...........
    社会的に大きなインパクト・波及効果をもたらす
    ・持続可能性 ....................
    継続的に実現可能な取り組みである
  • アワード

    アイデア×
    ソリューション賞
    ※既に各チームに授与されています。
    10月15日・16日に岡山国際サーキットで開催されるスーパー耐久レースでの実証に向けた活動のための準備資金
    (金額はチームごとに必要な資金を見積り、決定)
    最終表彰
    上位の優秀チームに対して、賞金等を授与することを検討しています。
  • 追加ソリューションメンバー応募時提出物

    • 追加ソリューションの提案を行うプロジェクト名
      (進行中プロジェクトより1つ選択。タイトル名を記入)
    • 応募動機(400文字以内)
    • ソリューションの提供方法 (1000文字以内)
    • プロフィール / 自己アピール(400文字以内+URL欄自由記載)
    • 本コンテストを知ったきっかけ
  • 応募における注意事項

    本コンテストに応募いただく際は、下記リンク先の内容をご確認ください。
    なお、応募をもって同意いただいたものとみなします。
    応募における注意事項
Mobility for ALLに応募する
ENTRY to 
Mobility for ALL
応募フォームはこちら応募フォームはこちら